麦わらの一味の素性まとめ

ONE PIECE

漫画『ONE PIECE』で、海軍大将の青キジ(当時)が“麦わらの一味”に対して言った『細かく素性を辿れば骨のある一味』の意味が判明してきたので、以下にまとめました。

青キジと出会った時点のクルー

モンキー・D・ルフィ

父親が世界最悪の犯罪者と称される“モンキー・D・ドラゴン”で、祖父は海軍の英雄と称される“モンキー・D・ガープ”
世界最強の男と称される白ひげこと“エドワード・ニューゲート”が率いる白ひげ海賊団の二番隊隊長“ポートガス・D・エース”と、父親のドラゴン率いる革命軍の参謀総長“サボ”とは義兄弟の契りを交わしている。
自身が食べた悪魔の実“ゴムゴムの実”は、四皇の一角である“赤髪のシャンクス”から譲り受けた(勝手に食べた)ものである。

ロロノア・ゾロ

ワノ国で“刀神”と称される伝説の侍“霜月リューマ”の子孫と思われ、鈴後の大名だった“霜月牛丸”とも関係性がある模様。
海軍の最大戦力である三大将の一角“緑牛”との関係も噂されている。

ナミ

現状では、元海軍将校である“ベルメール”に育てられた孤児であることしか判明していない。
今後、家系に関する秘密が明かされるものと思われる。

ウソップ

父親が四皇の一角である“赤髪のシャンクス”率いる赤髪海賊団の大幹部“ヤソップ”。
ヤソップはシャンクスがわざわざ会いに来て仲間に引き入れているため、フルネームが不明なことも含め家系に何らかの秘密があるのかもしれない。

ヴィンスモーク・サンジ

かつて北の海を制したヴィンスモーク家(ジェルマ王国)の第三王子。
父親のジャッジは元海軍科学班の一員で、世界最大の頭脳を持つ男と称される“ベガパンク”の同僚だった。
育ての親と言える“ゼフ”もグランドラインを渡り歩いた海賊である。

トニートニー・チョッパー

育ての親である“Dr.くれは”は海賊王の“ゴール・D・ロジャー”と何らかの関係があり、作中最大の謎となっている“Dの一族”の成り立ちについてもある程度の知識がある模様。

ニコ・ロビン

空白の100年の謎に近づいたことで世界政府に消されたオハラ唯一の生き残りで、ポーネグリフに書かれている古代文字を読める数少ない人物。

青キジと出会った後に加入したクルー

フランキー(カティ・フラム)

育ての親が海賊王“ゴール・D・ロジャー”のクルーが乗った海賊船“オーロジャクソン号”を作った伝説的な船大工“トム”。
元は海賊の子で、百獣海賊団の大幹部であるクイーンとの関係が噂されている。

ブルック

ロジャー海賊団の船医“クロッカス”が探していた海賊団(ルンバー海賊団)の最後の生き残り(死に残り?)。

ジンベエ

元王下七武海の1人で、麦わらの一味に加わったときは既に有名な海賊だった。

ONE PIECEの最新記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました